2019/03/03 ブログ
ロゴ

小田原市内の浴室防水工事を完了いたしました。

築35年程度のPC造5階建の共同住宅です。

今回の防水下地はモルタルですが、その下に新築時のアスファルト防水層があります。

35年の経時劣化による、既存アスファルト防水立上り端末の口開きが原因と考えられる

漏水事故が発生しました。モルタルが劣化し凹凸がひどい為、カチオン系樹脂モルタルで

下地を平滑に調整し、その上に塗膜防水をカブセ、且つ、立上り端末をシーリング

しました。(浴室露出防水の改修は、局部荷重がかかる、浴槽や、椅子を置きますので

表面強度の強いFRP防水が最適だろうと考えます。)